コロナでマスク必須の今だからこそ、笑える電子漫画を買った!

エッセイ(妻)

以前、私は電子書籍で昔の漫画を買い漁った話をした。
詳しくはこちら↓

90年代のりぼんの漫画が懐かしい!電子書籍で繰り返し読んでいる私。
私はもうすぐ40歳になる主婦です。 昔、月刊雑誌の「りぼん」にめちゃくちゃハマっていました。 毎月3日発売だったのですが、前日の2日に発売され、その日は学校でもソワソワしていました。 玄関に、すぐに買いに行けるように、財布を置いて...

そもそも私が昔、月刊雑誌「りぼん」を買ったきっかけは「ちびまる子ちゃん」を読みたかったからだ。
結局、他の漫画にもハマりまくり、数年間りぼんを愛読した。

電子書籍を数作全巻買って、私の漫画の原点の「ちびまる子ちゃん」を買っていない事に遅かれながら最近気づいた。
いつも利用しているeBookJapanで試し読みをしてみることにした。

久しぶりのちびまる子ちゃん。しかも初期のを読むのは何十年ぶりの事だ。

面白い…1人でニヤニヤしながら読んでいた。端から見たら気持ち悪い人そのものだ。

マズい…これでは外で読めない…。

私は電車で読む事がほとんどなのだ。
周りの人や向かいの人に変な目で見られる…。

しかし、ここで気づいたのだ。
そっか!今コロナでマスクをしているから、ニヤけていてもバレない!

という事に気づいた私は、カラー版全巻を即決で買った。

白黒版だと全15巻以上あるのだが、カラーだと全9巻で更にキレイで読みやすかったからだ。
ちなみにカラー版だと、白黒版に掲載されている、さくら先生のエッセイ漫画は省かれている。

余談だが、エッセイ漫画の中に、さくら先生が20歳で(くらいだったと思う)上京した日の事を書いている回がある。
小学生の時それを読んだ私は、どうしよう…大人になったらこんな寂しい思いをするのか…つらいな…としんみりしてしまった。
しかし大人になった私は、35歳で結婚するまで実家に居座り続け、そんな思いをする事は1度もないまま現在に至る…。