コピペの仕事は怪しい?探し方と見極め方を伝授!(クライアント編)

CW:応募

kumafumoです。
主にコピペの仕事をしている在宅ワーカーです。

コピペの仕事は怪しいと思って、検索してここに辿り着いた方も多いと思います。
確かに、怪しい仕事があるのも事実です。

私も色々仕事に応募しますが、わ!変なメッセージ来た!とがっかりする事があります。

私はクラウドワークスを利用していますので、
私なりの、クラウドワークスでのクライアントと仕事の見極め方を伝授します。
初心者の方、今から挑戦してみようという方、是非参考にして下さい!

クラウドワークスでのコピペの仕事の探し方を教えます!

コピペの仕事は主に、「データ検索・収集」のカテゴリーで募集されています。
仕事カテゴリから、真ん中より下の「カンタン作業」にマウスを持って行くと、
「データ作成・入力」というカテゴリーが出てきます。

それをクリックすると、「データ検索・収集」が出てきます。
「データ入力」でも、コピペの仕事が募集されている場合があります。

その中から仕事を見ていくのですが、
新着順に並び替えて探した方がいいのでは?と私は思っています。
古い仕事は、既に決まっているのにまだ募集をかけていたり、
報酬が安く不人気で人が集まらなかったりしている仕事が多かったりするからです。

あと、日頃から探す時に便利な、検索条件を保存しておくのも良いと思います。
設定のボタンから、保存が簡単に出来ます。

別記事でも書いているのですが、改めて書きたいと思います。
仕事内容でまず選ぶと思いますが、応募する前にチェックした方が良いのがクライアント情報です。

クライアントを選ぶポイントは?要注意のポイントをピックアップ!

募集実績が無い、最近登録したばかりのクライアント

クライアント情報ってどうやって見るのかと言うと…
募集要項の上に、クライアント情報があります。
最近クラウドワークスでは、「発注ルールチェック」という項目が出来ました。


この画像のクライアントの場合、実績が0、本人確認未提出です。
その名前の部分をクリックすると、そのクライアントのページに行けます。
最終アクセスを何時間前にしたか確認が出来ます。
この場合、数時間前なので、どうなのか微妙なところですが、
3日前や4日前だと要注意です。
募集していながら全然チェックしていないなんて怪しいです。

評価の悪いクライアント

クライアントのページで、評価を確認する事が出来ます。
5点満点の5.0だと言うこと無いですが、4.2やそれ以下だと何故評価が悪いのか分析する必要があります。
ワーカーさんがコメントを書いてくれている場合もあるので、参考にしてみましょう。

まとめ

募集実績が無いクライアントでも、本人確認が済んでいたり、また、「このファイルを参考にして下さい。」など、添付ファイルがあれば、安心します。
わざわざ情報を出すという事は、クライアントも本気でワーカーを探しに来てるというのが分かるからです。
厳選して応募しても、変なメッセージが来たり、全く採用の気配が無かったりします。
変なメッセージ(リンク付き)が来た時は、冷静に無視しましょう!
私はクラウドワークスに通報しています。

CW:応募
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ