HSPの私が外の仕事が続かない原因と在宅ワークが適職な理由。

HSP(妻)

私はHSPの在宅ワーカーです。在宅ワーカー歴3年半です。

HSPとは、生まれつき非常に感受性が強く敏感な気質を持った人という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています(マドレクリニック(仙台市)のWEBサイトより引用)。

5年前に結婚するまでは、外で働いていました。
仕事は長続きしませんでした。
その原因の1つがHSPであったと気づいたのが、つい数ヶ月前の事です。
HSPという言葉すら知りませんでした。

今回はHSPで仕事について悩んでいる人に、是非読んでもらいたいです。
私の場合の話になりますが、少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

HSPの私は、とにかく仕事が続かなかった!

 

人間関係で疲れて辞めた

HSPである私は、とにかく言動に敏感です。
ある職場で、心当たりが全く無いのに、ある人からめちゃくちゃ嫌われ、すれ違う度にバイキン扱いをされた事がありました。
これだったら、HSPに関係無く、キツいと思うのですが…。

仕事に行くのが苦痛でつらくなった

1日も行かないまま、辞めた仕事もあります。
仕事を勢いで決めたものの、前日になって不安になりました。
仕事はやっていけるか、人間関係とか大丈夫かとか、すごい不安感に襲われ、結局当日行くことが出来ませんでした。

仕事が遅いと言われ怖くなった

最初は誰でも仕事は早く出来ません。
私は入力の仕事を主にやっていたので、大体複数採用が多かったのですが、その中でも、1人だけ遅いと文句を言われます。
仕方ないのですが…。
「見ておくからやってみなさい」と言われ、こうしているのが遅い原因だの、色々言われました。
見られると余計やりにくいのですが…と言いたかったのですが…。
他の職場でも、「どうしてこれが出来ないの?」と嫌味を言われた事もあります。

身支度をするのが億劫になった

仕事が少しでも嫌になると、朝がとても憂鬱です。いつも考えずに出来る身支度が急に億劫になり、布団から出られなった事がありました。もしかしたら、これはHSPではなく、めんどくさがりの性格のせいかもしれません。

HSPの方にオススメの仕事とは?私は在宅ワークが適職で向いていました。

結婚して、クラウドワークスを友達から教えてもらい、
2017年から本格的にクラウドワークスで在宅ワークを始めました。
在宅ワークは私には向いています。
在宅ワークのメリットとデメリットについてお話しようと思います。

在宅ワークのメリット

人間関係がない!

在宅ワークはそれぞれ自宅で作業するので、人間関係があるとしても、クライアントさんとの関係だけです。
お昼休みに一緒に食事をする、皆で協力して仕事をするなどの煩わしさはありません。

身支度をしなくていい!

これは、私みたいなめんどくさがりには最高の条件です。
着替えて、身支度をととのえて、決まった時間の電車・バス(満員確実)に乗らなくていいのです!

好きな時間に出来る!

外で働く場合みたいに、時間は決まっていません。
家事の合間、ちょっとやる気になった時…時間は自分の自由です!
しんどくなったり、やる気がなくなったら、休憩も思いのまま!

仕事の種類は意外に色々ある!

外の仕事ほどは多くないですが、
在宅ワークならではの単純作業をはじめ、
上級者向けのデザインやシステム構築の仕事など幅広くあります。

何も出来ないと思っている方でも、出来る仕事はたくさんあると思います。

 

在宅ワークのデメリット

報酬が安い…。

これは1番のネックですね。
在宅ワークで生計を立てるのは、なかなか難しいのではないでしょうか?
仕事内容によりますが…。
ただ、主婦(主夫)のお小遣い程度には十分稼げると思います!

時給換算は在宅ワークではあまり考えない方がいいと思います。
外で働いてもらえる報酬は、人間関係などの我慢料込みです。
在宅ワークはそういう煩わしいのが無い分、安いと思いましょう。

収入が安定しない…。

長期の仕事が決まればいいのですが、
私(コピペの仕事)の場合、長期の仕事がなかなか無く、単発の仕事の繰り返しです。
仕事も決まったり決まらなかったり、安定しません。

仕事のやる気が出ない時、発破をかけてくれる人がいない。自分との闘い!

私は結構集中して出来るので、あまりこの悩みは無いのですが、
仕事をやっている最中でも、テレビ・スマホなど誘惑は様々…。
自分に甘い人は、ついつい仕事をほっぽりだして、誘惑に走りがちかもしれません。
誰も注意してくれる人はいません。

まとめ

結局、HSPは外で働くのは無理なのでしょうか?
なかなか難しいかもしれないけれど、そんな事は無いと思います。

ただ、今まで書いてきた在宅ワークのメリット・デメリットを考慮すると、HSPの人には在宅ワークの方が向いていると思います。

私が若かった頃は、在宅ワークは内職と呼ばれていました。
今みたいにパソコンで在宅ワークをするなんて、考えられませんでした。

今は、色々仕事の選択肢が広がりました。
在宅ワークって何か怪しいと思ってらっしゃる方も多いと思いますが、
怪しい仕事ばかりではありません。
現に私は、在宅ワークで月5~6万円稼いでいます。

このブログでは、在宅ワーク(クラウドワークス)について色々書いています。在宅ワークに興味を持って頂けた方は、是非ご覧いただけると幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

HSP(妻)
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ