「平成生まれ世代」に日本の将来を託します!

このブログでも何度かご紹介していますが、㈱クレタパブリッシングから雑誌

「昭和40年男」(奇数月)

「昭和50年男」(偶数月)

が、一月おきに交互に発行されています。

両誌とも、書名プラスマイナス5年ほどの間に生まれた男性たちにとっての

「懐かしネタ」

が満載です。

 

スポンサードリンク

 

『40年男』も『50年男』も今の日本に責任あり!

2021年(令和3年)6月現在、「昭和40年男」世代の男性たちは、勤め人であれば会社人生のゴール手前にいるか、既にゴールして再雇用で働いている人が大部分でしょう。

「昭和50年男」世代の男性たちは、会社人生の真っ只中にあり、重要な仕事を任されるが責任も増大する、そんな世代でしょう。

両世代の人たちに共通するのは、

「現在の日本の形をある程度造ってきた」

という点です。

個人レベルで言えば、そんな意識を持っている人は非常に少ないでしょうが、これらの世代(私もその中に含まれます)は間違いなく

「令和ニッポンの今」

に大きな責任を負うべき立場にあります。

 

政治家や官僚でなくとも、もっと違った社会にできたはず・・・。

我々両世代の人間が社会に出て、およそ20~40年が経過しました。

もちろん、政治家や官僚にでもならなければ、法律や経済、外交などの枠組みを作る仕事には携われません。

しかし、国会~地方レベルの議員や自治体の首長を選ぶ選挙には、20歳(現在は18歳)になれば関与できたはずです。

また、社会全体の空気・雰囲気の醸成に大きな役割を担ってきたのも、我々世代です。

令和ニッポンの現状を

「どうだ!我々の努力の成果だ!」

と自信を持って言える人はどれだけいるでしょうか?

政治の堕落、格差の拡大、教育水準の低下などなど・・・いずれも本来は、現在40~60歳辺りの人間が歯止めをかけるべきでした。

 

スポンサードリンク

 

昭和40~50年『女性』たちは、機会すら与えられなかった!

「男性だけでなく、同年代の女性にも責任がある!」

という意見もあるでしょう。

確かに、女性たちにも責任の一端はあります。

しかし、日本は今なお

「男性優位社会」

のままであり、男性は女性の能力を認めようとして来ませんでした。

そのため、「昭和40年女」、「昭和50年女」世代の女性たちが現状打破を試みようとも、できない状況にありました。

諸外国(特にヨーロッパ)では、女性が国や自治体、企業などのトップや幹部を務めることが当たり前になっている中、日本はぶっちぎりで後れを取っています。

 

『平成元年』世代は、男女関係なく責任重大?

「昭和50年男」から10年ほど後の世代は、雑誌のタイトル風に言えば

「平成元年男」

とでもなるでしょうか。

年齢層は27歳~37歳前後になります。

社会に出てそろそろ中堅に差し掛かる頃の年代で、あと10年ほどすれば上の世代からバトンを受け取ることになります。

この世代は

「ゆとり世代」

「さとり世代」

が入り混じっており、十把ひとからげにすることはできません。

しかし、これからの日本の行く末を決めることになる、実は非常に大事な世代です。

もはや「女」も「男」も関係ありません。

「平成元年世代」

として、これまでの数世代(私もその中の一人です。スイマセン・・・)が没落させかけている日本社会を立て直す役割を、否応なしに担わされているのです。

 

最後に・・・。

少子高齢化、労働人口の減少、市場の縮小、非正規雇用の増大、貧困の深刻化、社会財源の縮小、国際競争力の低下などなど・・・。

ここでは書き切れないほど、これから日本を待ち構える問題は山積しています。

残念ながら、現在の政府・官庁にそうした問題を解決できる能力はなく、また解決しようという熱意も見当たりません。

「昭和40年男」、「昭和50年男」たちがボンクラだったツケは、現在最悪レベルにまで溜まっています。

誠に申し訳ないかぎりです。

「平成生まれ世代」

の皆様には、今後一層のご尽力をお願いする次第です。

うだつの上がらない、「昭和40年男」世代の一人として、伏してお詫び申し上げます・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク