クラウドワークスで仕事が完了!納品から評価までの流れを解説!

CW:作業

kumafumoです。在宅ワーカーです。

今回はクラウドワークスで仕事が無事終わった後の流れについて解説したいと思います。

納品をしよう!

仕事が終わったら納品です。
納品の方法は、「納品する」のボタンをクリックです。
その際、EXCELやWordなどのファイルで作業した場合は、添付を忘れずに。
もしGoogleスプレッドシートであれば、添付は不要です。

メッセージは無くても納品は可能ですが、
「お世話になっております。納品報告をさせて頂きます。ご確認よろしくお願いいたします。」
最低限これくらいは記載しましょう。

検収されるのを待とう!

早いクライアントさんだと、数時間で終わります。
これは仕事内容によるので、一概に言えません。
ただ、数日経っても何の音沙汰も無い場合は、一度こちらから連絡してみましょう。
「お世話になっております。先日納品をさせて頂きましたが、ご連絡が無いので、メールさせて頂きました。
もし、修正の必要がございましたら、お申し付け下さい。」
この文言はあくまで例です。正しいかどうかはわかりません。
「まだですか?」「早くして下さい」など、クライアントさんに抗議(したい気持ちはわかりますが…)する様な内容はNGです

修正依頼が来た場合

速やかにクライアントさんに指摘されたところを修正して、もう1度納品しましょう。
「申し訳ございませんでした。」の一言を忘れずに。

条件変更リクエストが来た場合

これはどういうことかと言いますと、
おおよその目安(100円などで契約するパターン)で最初契約し、
最終的に作業した件数に応じて、クライアントさんが計算し直し、提示し直した場合です。
提示された金額が合っているかどうかこちらでもよく確認しましょう。
合っていれば、それに合意します。確認画面でボタンを押すだけなので、簡単に出来ます。
その際、再納品が必要になります(ごめんなさい。その画面のスクショが無く、私の記憶なので間違いがあるかもしれません)というメッセージが出ますが、「はい」をクリックしましょう。

この場合ですが、再び契約の結び直しになります。
最初の様に、契約→仮払い→納品の流れをもう1度経ないといけません。
クライアントさんが仮払いをしましたというお知らせが来たら、もう1度納品する必要があります
この際は、ファイル添付の必要はありません。
メッセージも、「よろしくお願いいたします。」程度でいいかなと個人的に思います。
(もちろん、丁寧なメッセージでもOKです。その方が印象はいいです。)

これらを経て、無事報酬が支払われます。

評価をしよう!

最後に、クライアントさんとあなたがお互いに評価をします。
メルカリなどのフリマでもありますね。あれと同じです。
色々項目があり、私も未だによくわかりませんが、よほど不満では無い限りは、5点満点でいいのではないかと思います。
評価をつけてくれないクライアントさんもいますが、それは気にせず、こちらはきちんとつけましょう。
その際、文言を記載する欄があります。
記載しなくても評価は出来ますが、一言は記載しておいた方がいいのではと思います。
私は無難にお礼コメントをしています。
中には、丁寧にここが不満だったとか記載してらっしゃる方もいますよね。
あれは、応募する際すごく参考になるので有り難いです。
私はまだ不満を書いた事はありませんが、評価を低くつけられた際に、こちらも3点にした覚えがあります。
私が悪いので大人げなかったなとは思います。
評価の変更は確か出来たと思いますが、結局していません…。

まとめ

評価までしたら契約は完了です。
このクライアントさんの元でまた働きたい!と思った場合は、
評価とはまた別に、メッセージで「また機会がございましたらよろしくお願いいたします。」などと書いてアピールしています。

仕事している中でも、対応が早いクライアントさん、逆にめちゃくちゃ遅いクライアントさんなど色々です。
他にも、そんなに丁寧じゃなくていいですよ!って言いたくなる位、素晴らしいクライアントさんもいらっしゃいます。

良いクライアントさんと縁があったら、次も依頼してもらえる様にアピールをしておきましょう。
納期より少しでも早く納品する(もちろん正確にする事が第一)事でもアピールできます。

仕事が終わった~!とそこでホッとするのは早いです。評価までが仕事です。

CW:作業
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ