「trailer park trash」って何のゴミ?試験に出ない英語手帳(第5回)

英語・その他外国語(夫)

「trailer park trash」・・・そのままベタに訳すと、「トレーラー公園のゴミ」という、何とも意味不明な言葉になってしまいます。

trailer とは、キャンピングトレーラーまたはその居住部分を指します。

日本語ではトレーラーハウスと言いますが、これは和製英語です。

trailer home (トレーラー・ホーム)やmobile home (モービル・ホーム)が正しい英語です。

本来は、各地を移動しながらキャンプを楽しむための車がtrailerだが、家を買えない(または借りられない)人たちが、特定の場所にトレーラーそのもの、または牽引車を外した部分(居住スペース)を設置して、家として住んでいます。

そうしたトレーラーが集まっている場所が、trailer parkです。

trailer park trashとは、ズバリ言えば「貧乏人」、特に貧しい白人を意味します。

trailer homeに住んでいる人 = 貧乏人と連想されます。

parkを抜いて「trailer trash」としても同じ意味です。

よく似た言葉に「white trash」というものがあります。こちらはモロにwhite(白人)という表現が付いています。

アメリカでは、最近もニュースで話題になったように、白人よりも黒人の方が平均的にはかなり貧しく、社会的には不利な立場にいます。

しかし、白人の中でも貧困層の人々は、黒人の人々と変わらないか、より貧しい生活をしています。

よって、同じ白人から「white trash」すなわち「クズ白人」という蔑称で見下されます。

「trailer park trash」も同じ意味で、正式な家ではないtrailer homeに住んでいる白人(必ずしも白人とは限りませんが)貧困層は、一段(あるいはそれ以下)下の人間とみなされています。

試験に出ないのはもちろん、日常会話でも口にしない方が無難です。

こうした「trailer park trash」を含む白人低所得層が、ドナルド・トランプ大統領の鉄板支持層の一部と言われています。

歴代の大統領(バラク・オバマ以外は全員白人)は、低所得の貧困層を救済する政策については、目立った成果を上げられていません。中には、そうした政策に消極的な大統領もいました。

政治から見放されたと感じている白人貧困層の怒り・ストレスを、上手に取り込んだのがトランプ氏でした。自身は大金持ちの息子で富裕層の人間であるにもかかわらず、自分は白人貧困層の味方だというイメージを、彼らに植え付けました。

しかし、もうすぐ一期目の4年が終わりかけていますが、トランプ大統領が貧困層に直接的な恩恵をもたらす政策を、立案・実行したことは、まだ一度もないと思うのですが・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。