「friendly fire」って友好的な火事?試験に出ない英語手帳(第4回)

英語・その他外国語(夫)

「friendly fire」?笑いを取ろうと思えば、「友好的な火事」と訳したいところですが、違います。

研究社 新英和中辞典によると、

(1) 同士[友軍]発砲

他にも、「同士討ち」、「誤爆」、「味方[友軍]からの誤爆(誤射)」などと訳せます。

FFと省略形で表記されることもあります。

(2) 使用火(例えば、暖炉や湯沸かし器の火のこと)

この場合、火災保険の適用除外となります。

ここでは、(1)について説明していきます。

(例文) He was killed by friendly fire in the battlefield yesterday.

(彼は昨日、戦場での友軍砲火により死んだ。)

friendly fire は、故意ではなく偶発的なものです。

一方、戦場での戦闘に乗じて、気に入らない上司やソリの合わない同僚を、わざとfriendly fire に見せかけて射殺する場合、こうした行為は

fragging と呼ばれることがあります。

アメリカ軍の統計によると、戦闘による死傷者の2~25%は、friendly fireによるものだそうです。

レーダー技術やIT技術が発達しても、1991年の湾岸戦争や2002年のイラク戦争では、friendly fire の割合は低下していません。

2020年現在のように、GPSやビーコンID、ナイトビジョンといった、敵味方識別のためのハイテク機能があっても、friendly fire の根絶は困難です。

friendly fire で死亡した兵士については、遺族には原因は伏せられ、「名誉の戦死」として伝えられるそうです。

実際の戦闘は、PCゲームの画面の中とは全く異なります。

夕方や夜明け前に行われることも多く、薄暗い中で視界は狭くなります。

敵味方の射撃音が耳をつんざきます。

兵士たちはパニック状態になり、目の前の動く物全てを撃とうとします。

そんな状況では、自分がfriendly fire の加害者になるか被害者になるかは、紙一重です。

できれば今後の人生において、friendly fire の恐怖に怯える状況には陥りたくないものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。