明治「維新」は「Revolution」じゃない!試験に出ない英語手帳(第16回)

英語・その他外国語(夫)

日本では1867年(慶応3年)10月15日に大政奉還が成立し、政権が徳川幕府から朝廷へ返上されました。

そして同年12月9日、王政復古の大号令により徳川幕府が廃止されました。

翌1868年(慶応4年)1月に始まった戊辰戦争に、新政府軍が勝利したことにより、明治新政府が諸外国から日本の合法政府として認められました。

こうした一連の出来事を総称し、明治維新と呼ばれています。

明治維新を「革命」、英語で「Revolution」と思っている人は多いです。

確かに、人々にとっては「徳川幕府」という小さな世界が全てだったのが、それが全否定され、「日本」という、世界の中の一国として新たな政治体制に変わりました。

「革命的」な面は大いにあります。

しかし、明治維新は英語表記ではthe Meiji Revolutionではなく、

the Meiji Restoration となっています。

「restoration」は、「復元」や「復古」という訳語を持ちます。

自動車に詳しい方なら、「レストア」という言葉をご存知でしょう。

アメ車などのヴィンテージカーを、できる限り当時の部品を集めて復元することで、英語では「restore」という動詞になります。

その名詞形である「restoration」は、「維新」のような、物事が新しくなるという意味は持っていません。何を復元(または復古)したかと言えば、

「王政復古」すなわち朝廷(=天皇)による政治の復古です。

「revolution」すなわち革命の一般的なイメージは、一般の民衆が一致団結して暴君や独裁者の政権を打倒し、新しい民主的な政治体制を作ることです。

日本の明治維新は、そういう意味での革命には該当しません。

よって、英訳するとなれば、幕府による政治から天皇による政治への復古、「restoration」とするしかありません。

ちなみに、日本の政党「日本維新の会」の英語表記は、以前は

「Japan Restoration Party」

でしたが、現在は

「Japan Innovation Party」

となっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。