「kleptomania」って何のマニア?試験に出ない英語手帳(第13回)

英語・その他外国語(夫)

「kleptomania」・・・?

自動車好きの「カーマニア」、音楽好きの「ギターマニア」など・・・。

しかし、この「kleptomania」には、決してなってはいけません。

kleptomania とは、「窃盗癖」、「盗癖」を意味する言葉です。

kleptomaniac と、c が語尾に付くと

(形容詞)盗癖のある (名詞)盗癖者(窃盗癖のある人)となります。

(形)の場合、kleptomaniacal という表記もあります。

経済的な動機(貧困、高級品など)がないのに、要するに買うお金には困っていないのに、衝動的に物・金銭を盗んでしまう行為を、反復的に繰り返してしまう病的な症状です。

医学的・心理学的には、「精神障害」の一種とされています。

盗みを働く際の「誰かに見つからないか?」という緊張感(=スリル)と、成功した際の満足感が快感となってしまい、自発的に止めることができなくなるのです。

テレビでよく「密着!万引きGメン」のような番組が放送されます。

その中で万引きGメンに捕まる犯人の中には、貧困などのやむにやまれぬ理由で盗みを働く者もいますが、かなりの人数は財布の中に充分な現金を持っており、kleptomaniaに該当しそうです。

何回も捕まり、警察のお世話にまでなっていながら、同じことを繰り返すのは、病気としか言いようがないのかもしれません。

藤子不二雄Ⓐ先生の「ブラック商会変奇郎」という作品に、ズバリ「万引き」というタイトルの回があります。

主人公である変奇郎の祖父が営む骨董品屋の土地(東京都新宿区の高層ビル群の一角)を、変奇郎の父の勤務先の重役が、会社のために手に入れようと企みます。

祖父に売却を拒否された重役は、父に嫌がらせをして圧力をかけてきます。

反撃のチャンスをうかがっていた変奇郎は、重役が窃盗癖の持ち主であることを掴みます・・・。

たまにテレビや新聞で、社会的地位の高い人間が万引きで逮捕されたというニュースが報じられます。

kleptomaniaなのでしょうが、たった一回の過ちでも、それまで積み上げてきたものが一瞬で吹き飛んでしまいます。

このmania には絶対にならないようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。