家事・料理が死ぬほど嫌いな専業主婦が取った解決策とは?

こんにちは。kumafumo(@kumafumoblog)です。

私は40歳、専業主婦であり、在宅ワーク歴3年の在宅ワーカーです。

あなたは主婦(主夫)ですか?または、家事をしないといけない立場の方ですか?
タイトルを見て、今読んで頂いているという事は、家事をするのが少なくとも好きでは無い方だと思います。

 

スポンサードリンク

 

最初は良かった…しかしやがて家事が重圧になる…。

私は、タイトル通り、家事が苦手で大嫌いです。
結婚が決まって、気分が良かったのも最初だけでした。
これから、今親がしてくれている事をしないといけない…。
同居の数ヶ月前から憂鬱でした。

いざ、同居が始まり、最初は、それなりに頑張りました。
しかし、元々苦手な事。段々苦痛になります。
特に料理。毎日の献立が思いつかない。それも当たり前。だって料理ができないのに思いつく訳がないのです。
実家の親に相談しました。
母親は私と違って料理が得意です。
出来合いのものでもいいじゃないと言われました。
そりゃそうだけど…。と引いてしまったのは、私は料理が嫌いなくせに、コンビニやスーパーの惣菜があまり好きじゃないから。
今、結婚5年目だけど、どうやって昨夏までやりこなしてきたか全然覚えていません。
ただ、レパートリーが全然増えてない現在、努力はしなかったのは確かです。

ちなみに掃除も嫌い。洗濯は洗濯機がやってくれるけど、干すのがギリギリやれる程度で、たたむのは苦手です。

私は、こんな事やらないといけないくらいなら、死んだ方がマシだと毎日思うようになりました。
これ、本当です。大げさだって思わないで下さい。
私は、元々、生きる事に執着心があまりないのです。いつ死んでもいいと思っているくらいです。
でも、自分から死ぬのが怖くて、運命に逆らわず生きてるだけです。

旦那は、幸い、料理に文句を言う事がほとんどなかったのですが、
昨夏のある日、「もうちょっと野菜が欲しい」と言われました。
食事のバランスの偏りが気になってた様です。

限界だ…私は、旦那に不満をぶちまけ、実家に帰りました。

 

スポンサードリンク

 

家事に限界を感じた私が取ったとんでもない行動とは?

そこで、私が取った解決策とは?
ほとんどの方には、参考にならないと思いますが…

なんと、旦那のお父さん、義父にLINEで相談したのです!
料理を毎日作るのがツラい事、家事が苦痛で仕方ない事、死んだ方がマシだと思う事…
洗いざらいぶちまけました。
普通は無理ですよね?舅にそんな事言うのって。

旦那の両親は、初めてお会いした時から優しくて、いつも気にかけてくれてました。
暇な時は、旦那の実家に1人で遊びに行って、一緒にランチしたり。
とにかく、今でも、旦那より、旦那の実家に顔を出しています。
私は、本当の両親(実の親ともうまくやっています)のように慕っています。

旦那の両親が、旦那1人になった家にやって来たそうです。
そこで、姑が言ったそうです。
「(家事は)出来る方がすればいいのよ。あんたがやりなさい。」と。

 

思わぬ展開!旦那が生まれ変わった!

そこからです。
家に帰ったら、料理を今までした事の無い旦那が、頑張って料理をしてくれる様になったのです。
当然、包丁の使い方も知りません。
私も知っているとまでは言い切れないですが、基本を教えました。

半年以上たった今。
今訳あって休職中でずっと家にいてくれるので、
献立を考えてくれるのは当たり前になりました。
旦那が考えてくれた方が、バランスがいいので助かります。
料理も頑張ってしてくれます。
ちなみにお皿も洗って片付けてくれます。

洗濯もしてくれます。干すからたたむまで全部です。
ちなみに掃除もしてくれます。換気もしてくれます。
私はその間、在宅ワークに没頭しています。

私がする家事は、ゴミ出しくらいです。
ゴミ出しは、実家にいる頃からしていたので、苦ではありません。

 

結局家事はしないといけないという貴方。パートナーに一度きちんと気持ちを伝えよう!

私が取った行動、ほとんどの人はそんな事無理だよって思われると思います。
せっかく読んで頂いたのに、参考にならなくてごめんなさい。

ただ、旦那さん(あるいは奥さん)に、不満が爆発する前に、少しでも気持ちをぶつけてみたらどうでしょうか?
爆発して、もう離婚だ!って取り返しがつかなくなる前に。
恐らく、相手は、「してもらって当たり前」と考えています。感謝の気持ちすら忘れています。
「当たり前なんかじゃない」「あなただってする義務はある」って事をちゃんと伝えるべきなのでは?と思います。

気持ち(考え)は口に出さないと絶対伝わりません。これは家事に関してに限らずです。

最後までお読み頂き、本当に本当にありがとうございました。

スポンサードリンク