HSPは理解されにくい?相談して傷ついた事ありませんか?

HSP(妻)

kumafumoです。在宅ワーカーです。

自分自身がHSPらしいと知ったのは、数ヶ月前の事です。
それまで、HSPという言葉すら知りませんでした。
ネットで調べると、関連するサイトがたくさん出てきて、自分と同じ立場の人もたくさんいるのだという事がわかりました。

傷つきやすくて、生きづらいという事にすごく悩んでいた時期があります。
いや、現在だって、辛い時が度々あります。

昔、きっと、HSPなんて言葉がまだ有名じゃなかった頃、私は、「いのちの電話」に電話した事がありました。
「そんな事で悩んでるの?」とははっきり言われなかったけど、反応がそんな感じで、かえってすごく傷つきました。
いのちの電話には、もっと深刻な悩みの相談がたくさんあるのだと思います。
そんな話をずっと聞いている人にとって、「傷つきやすい」なんて、そんな事で?って感じだったんでしょう。

人によって、性格や考え方は様々です。
悩みが無い人間なんていないと思う。悩みの種類だって様々だと思う。
同じ事柄でも受け流せる人と受け流せない人がいると思う。

心療内科は15年以上通っていますが、いくつも病院を変えました。
1回行って、二度と行かなかったところがいくつかあります。
あるところでは、それこそ、「そんな事で?」って言われました。
本当に傷ついて、ツラくて、帰り、涙を流した記憶があります。

HSPは病気ではないらしいので、当然薬はありません。
あったら、1万円出してでも買いたいです。
自分がもっと強かったら…って何度今まで思った事でしょう。

私自身、傷つきやすいのに、じゃあ、周りの人を傷つけてないかと言えば、そうとは言い切れません。
傷つけたつもりは無くても、傷つけてしまっている事だってあると思います。
だから、私自身、いちいち傷ついているのがバカらしく思えます。
それでもやっぱり傷ついてしまうのです。敏感なのです。

もし、あなたがHSPだとしたら、同じ思いした事無いですか?
解決策があったら教えてあげたいですが、私が知りたいくらいです…。
自分で乗り越えて行くしかないんでしょうね。残念ながら。

ただ、自分だけではないって事だけは忘れないで下さい。
どこの誰かはわからないけれど、少なからず日本国内のkumafumoは悩んでます。
もっとうまく書けたら、もっと共感してもらえると思うのですが、
文章を書く力がまるで無くて(じゃあなぜブログをしてる?)これが限界です。

いつか同じ境遇の人達と分かりあえる日が来たらいいなぁ…と思います。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

HSP(妻)
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ