月刊マネー雑誌の為替予想が当たらないと、評論家は大恥!

21世紀に入りインターネットが世界中で普及したことに伴い、

「情報の鮮度」

は著しく短くなりました。

特に株式・為替市場の情報は、発信されて少し経つと

「誰でも知っていること」

になり、陳腐化してしまいます。

 

スポンサードリンク

 

現在は、月刊のマネー雑誌には厳しい時代!

1990年代までは、マネー雑誌でも

「月刊」

の雑誌が結構ありました。

ところが現在は

「日経マネー」

「ダイヤモンドZAI」

くらいしか思い浮かびません。

一ヶ月が過ぎる間に、世界各国の経済状況は目まぐるしく変化していきます。

月刊誌に書かれている情報は、次号発売日までに全く役に立たなくなることがほとんどです。

週刊誌ならまだ色々対応のしようがあるでしょうが、月刊誌はそうもいきません。

編集者の方々は苦労なさっているはずです。

 

評論家たちの『予想』記事は今でも残っている!

週刊、月刊を問わず各雑誌で目玉となっていたのは、経済や株式などの

「評論家」、「専門家」たちによる

「株価予想」

「為替予想」

です。

正直ほとんど当たらず、

「予想的中!」

と騒いでいても、ほぼこじつけに過ぎません。

競馬や競輪などのギャンブルの予想と同レベルです。

それでも、雑誌では未だにそうした記事が廃れず載っています。

 

スポンサードリンク

 

月刊誌で予想が外れると、言い訳のしようがない!

しかし、月刊誌で発表した予想が外れると、予想した人間は大恥をかく恐れがあります。

週刊誌なら、毎週言い訳をする機会がありますが、月刊誌だと一ヶ月先まで何もできません。

自信満々に語った予想と正反対の結果になってしまうと、一ヶ月間

「晒しもの」

のような立場に置かれるという、悲惨なことになります。

 

20年以上前、あるマネー雑誌を見てみると・・・。

今から20年以上前、1990年代末期の頃です。

今はもう発行されていませんが、ある月刊のマネー雑誌がありました。

私は1~2回買ってみましたが、あまりパッとしない内容だったので、以降は書店でパラパラと立ち読みする程度でした。

ある月の初め、仕事帰りに駅の中の書店で、その雑誌(発売日から2~3日後)を目にし、手に取ってページをめくってみました。

その月の特集の一つに

「今手元に100万円あったら、私はこれに投資する!」

という記事がありました。

三人のいわゆる「専門家」が、100万円を持っていたらこれに投資するという金融商品と、その根拠を書いていました。

 

自信満々に『円安』を予想していたのだが・・・。

その中の一人で、最近は高齢のためか表舞台に出て来ない「H」という経済評論家(一時期は著書もたくさん売られていました)が、

「私なら、100万円を今すぐ全額アメリカドルに替える!」

と語っていました。

「近日中にドル円は『円安』になっていくので、しばらくドルで持っておき、適当な時点で円に戻す。数万円のプラスになる!」

といった内容のことを、自信たっぷりに書いていました。

ところが、私がその雑誌を見た2~3日後から、ドル円の為替相場が急に

「円高」

の方向に振れ始めました。

日を追うごとにドルの円に対する価値が下がり、もしそこでドルを円に戻してしまうと、

「最初の100万円から2~3万円下回る」

金額になってしまう状況でした・・・。

 

ド外れ予想を載せた雑誌は、書店に置かれ続けていた・・・。

発売から3週間ほどした日に書店へ行くと、その雑誌がまだ数冊売れ残っていました。

たまたま手に取った人がもしその記事を読んだら、間違いなく

「この評論家、見事に外してるな。バカみたい!」

とせせら笑うはずです。

結局、円高が一服したのは、一ヶ月ほどしてからでした。

あの評論家「H」は、どんな気持ちで翌月まで過ごしていたのでしょうか・・・。

 

最後に・・・。

2021年(令和3年)現在も、WebサイトやYoutubeなどで経済予想を語っている人間は、多数存在します。

ネット上に出した文章や動画を作成者が削除することは、もちろん可能です。

しかし、誰かがデータを保存していたり、色々検索したりして、そうした人間たちの

「ド外しした予想・予測」

を物笑いのタネにする恐れは十分にあります。

現代のネット社会では、どんなことも完全に忘却の彼方には消え去らないのです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク