毒舌が売りの芸能人・文化人は、相手を選んで毒を吐く!

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。

テレビ・ラジオや新聞・雑誌などのマスメディアで、いつの時代も一定数のポジションが用意されているのが

「毒舌家」

です。

「毒舌タレント」

「毒舌評論家」

など、様々な分野に毒舌、すなわち他人に対する厳しい意見で売っている人間が存在します。

世の中には、そうした人間たちの毒舌に溜飲を下げる

「ストレスが蓄積された人たち」

が多いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

令和の時代にも、毒舌家はあちこちで出没!

21世紀、令和の日本でも、マスコミやインターネット上に「毒舌家」たちがウヨウヨしています。

政治・経済から芸能・マンガに至るまで、あらゆる物事や人物をメッタ斬りしていきます。

特にテレビによく露出している人間は、当然アンチも多いのですが、固定ファンも多く、あちこちの番組に顔を出しています。

 

ほとんどの人間は、真の『毒舌家』ではない!

私は個人的には、「毒舌家」が嫌いではありません。

しかし、マスコミに出て来るほとんどの毒舌家が嫌いです。

その理由は、彼らが

「真の毒舌家」

ではないからです。

「真の毒舌家」とは、その考えが正しいかどうかは別として、自分がオカシイと思うことを

「誰に対しても」

ズバリと言ってしまう人間のはずです。

相手が金や権力のある人間・団体であろうが構わず

「言いたいことを言う」、

「オカシイと思うことはオカシイと言う」

のが本来の姿です。

ところが、現代の「毒舌家」の多くは、

「毒舌を吐いても大丈夫そうな」

相手を選んで毒を吐いているとしか思えません。

要するに

「殴っても殴り返して来ない(あるいは来られない)」

相手や、

「反撃されても大して影響のない」

相手にだけ毒舌を発しているのです。

 

スポンサードリンク

 

ニセ毒舌家の人気は、我々の心の闇を反映している?

バラエティーでおなじみの毒舌タレントやMC、ワイドショーで名を上げた毒舌コメンテーターの発言をある程度聴いてみれば、そうした傾向は分かります。

芸能界の大御所、政財界の大物・権力者に対しては、得意の舌鋒もかなり弱腰になる連中が多いのです。

せいぜい無難なコメントで、「物申した感」を出すのが関の山です。

そういった人間たちの毒舌は、半ば

「ただの悪口・中傷」

のレベルに堕している場合もあります。

しかし、視聴する側もそれに対して

「本音でしゃべってる。」

「それも一つの考えだ。」

などと同調してしまうため、結局のところマスコミの報道や番組は

「イジメ体質」

から脱却できないままです。

それは、我々視聴者たちの社会をモロに反映していると思います。

ネットを中心に

「公平・中立」

がアホの一つ覚えのように叫ばれますが、本音ではみんな

「強い者の立場」

に立って

「弱い立場(とみなされた)の者」

を攻撃したいという欲求を抱いているのです。

「毒舌家」まがいの人間たちは、そうした我々の心理を具現化した存在に他なりません。

反対に、相手がどんな大物・大御所・大企業でもお構いなしに毒を吐く

「真の毒舌家」

は、マスメディアでは人気者になれません。

それどころか、居場所を失い表舞台から消えてしまいます。

 

最後に・・・。

皆様の中にも、毒舌で人気の芸能人や文化人などを好きになれない方は、結構多いと思います。

それは、彼らの「毒舌」の真の姿を無意識のうちに(あるいは意識的に)感じ取っていらっしゃるからではないでしょうか。

そういった方々は、先ほど述べた我々の

「心の闇の部分」

を理解なさっているはずなので、現在の憂うべき社会の現状に振り回されることはないと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク