なぜ東京より大阪の方が、コロナ感染者数が多い?

2021年(令和3年)10月最後の土曜日と日曜日、そして11月3日(水)の「文化の日」は、全国の観光地・繁華街が大勢の人々で賑わっていました。

10月下旬に、全国で

緊急事態宣言

が解除され、今までの自粛の反動が一気に現れた格好です。

新型コロナウイルスの新規感染者数が、日に日に減少しているおかげと言えます。

 

スポンサードリンク

 

首都東京より、大阪の方が・・・?

首都である東京都の新規感染者数も、ここ最近は

20〜30人/日、

日によっては一桁にまで減っています。

感染者数の減少は何よりです。

マスコミの報道に安心感が見られるのも納得できます。

しかし、嫁と私はテレビのニュースを観ていて、ある疑問を抱きました。

「あれ?東京都よりも大阪府の方が、感染者数が多い・・・。」

 

大阪府も感染者数が多かったが・・・。

大阪府も、東京都に次ぐ新規感染者数に苦しんでいました。

他のほとんどの都道府県より多いのは、仕方ないでしょう。

しかし、大阪府の最近2週間ほどの新規感染者数は、日によってバラツキはあるものの、大体

20〜60人/日

ほどの範囲内です。

多くの日で東京都を上回っています。

 

スポンサードリンク

 

大阪府の人口は東京都の約60%、しかし感染者数は逆転!

東京都のWebサイトでは、令和3年10月1日現在の人口が発表されていました。

人数は

14,028,589人。

大阪府のWebサイトでも、10月1日現在の人口が発表されています。

人数は

8,812,117人。

大阪府の人口は、東京都の

約62.82%

です。

単純に人口比率で考えれば、大阪府のコロナ新規感染者数は、

東京都の60〜70%

程度になるのが自然ではないでしょうか。

10月末頃には、

東京都で約20人、大阪府で約60人

という日がありました。

大阪府の数字が東京都の3倍になるのは、おかしいのでは?

 

東京都の数字がおかしい?大阪府の状況がおかしい?

東京都のコロナ対策が、特段優れているようではなさそうです。

繁華街にも、人出がかなり戻ってきています。

東京と大阪の数字の逆転現象は、一体何が要因なのでしょうか?

嫁は

「東京都が数字をごまかしているんじゃ?」

と疑っています。

過去の経緯からすると、その可能性は捨て切れません。

一方、私は

「大阪府のコロナ感染状況が、他の都道府県より悪いのでは?」

という不安を抱いています。

全国で一時的に感染拡大が収束している中、大阪はその度合いが小さいのでは?と疑ってしまいます。

 

最後に・・・。

関西のテレビニュースでは、大阪キタ・ミナミの繁華街の様子がよく報じられます。

東京と同様、人出は急速に回復し始めています。

しかし、キャスターや解説委員、コメンテーターたちは、東京都と大阪府の数字が逆転していることには、全く言及していません。

単純に人数が減ったことを喜ぶだけで、大阪府の人数がほぼワーストである点は、気にしていないように見えます。

本来、そういう点にこそ注目して調べるのが、マスコミの役目だと思うのですが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。