小銭貯金を預けるため、ATMに硬貨を入れ続ける夫婦!

お金や法律などの話(夫)

皆様は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」をご存知でしょうか?

平たく言えば、日本の硬貨の製造及び発行に関する法律です。

詳細は、他の専門サイトなどでご確認ください。

1988年(昭和63年)3月末までは、貨幣法と臨時通貨法が根拠法でしたが、同年4月1日に上記の法律(長ったらしい名称・・・)が施行され、引き継ぐ形となりました。

この法律は我々の生活に影響を及ぼしている!

「その法律が一般の国民に関係あるのか?」

と思われるでしょう。しかし、ある条文が我々の日常生活に大いに(?)関係しています。

本文第7条(法貨としての通用限度)です。

「貨幣は、額面価格のニ十倍までを限り、法貨として通用する。」

ここでの「法貨」とは、「法定通貨」(強制通用力を有する通貨)です。

「額面価格の二十倍」とは、同じ種類の貨幣、すなわち硬貨は一度に20枚までしか支払いに使えないということです。

「1円玉は一度に20枚までしか使えない。」ということをご存知の方は多いと思いますが、上記の法律が根拠になっています。

他の硬貨、例えば500円硬貨でも同じです。

厳密に言うと、使ってはいけないということではなく、相手が受け取ってくれれば問題ありません。

しかし、例えば50円のお菓子を1円玉50枚で支払われると、店の方ではあまり嬉しくありません。かさばるからです。

そこで、1円玉や5円玉、10円玉は、貯金箱や缶に入れて貯める人は多いはずです。

最近、銀行が小銭貯金に対して冷淡になった?

我が家もその一例です。

嫁や私の財布に入っている1円、5円、10円硬貨を缶型の貯金箱に入れて貯めておき、満タンになったら銀行へ預金しに行くというサイクルです。

しかし、最近は多くの銀行が入金作業を面倒がり、

「ATMでお預け入れできますので、そちらでどうぞ。」

というスカシた態度を取るようになりました。

確かに、少額なのに手間がかかるので、窓口では歓迎されないのでしょうが・・・。

昨年、嫁と一緒に某メガバンク(以前は窓口で入金してくれていました)でそう言われたので、ATMで1円玉、5円玉、10円玉をひたすら硬貨投入口に入れ続けました。

途中でATMが疲れてしまったのか、動かなくなりました・・・。

しかし、銀行の人は誰も気にする様子がなく素知らぬ顔。

その支店のATMは20台近くあり、他の客はほとんどいなかったので、我々は別のATMに移動し、結局1時間近くかけて全額入金しました。

合計は、5000円近くありました。

後日、別の用事である郵便局に行くと、そこでは小銭貯金を嫌がらず、窓口で入金してくれることが分かり、これからは郵便局に持って行こうと決意しました。

最後に・・・。

ちなみに、「臨時通貨法」という法律を初めて知ったのは、

伝説の刑事ドラマ「特捜最前線」の「1円玉の詩!」というエピソードでした。

1円玉を大量に収集する老人が登場するのですが、物語のラストでこの法律(放送当時はまだ「臨時通貨法」でした)が説明されたのでした。

たかが1円、されど1円・・・。

まさしく、「チリも積もれば山となる」の精神で、これからも夫婦揃って法律に立ち向かっていきたいと思います(大げさですが・・・)。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。