ゆるキャラが失敗すると、自治体の責任者は左遷される?

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。

先日テレビのニュースを観ていたら、滋賀県彦根市のマスコットキャラクター

「ひこにゃん」

が4月13日に15歳の誕生日を迎えたことが報じられていました。

彦根城でイベントが行われ、全国のファンから100個を超えるプレゼントが市役所に届いたそうです。

この「ひこにゃん」と熊本県の「くまモン」は、いわゆる

「ゆるキャラ」

界の二大巨頭であり、最大の成功例です。

 

スポンサードリンク

 

完成度の高過ぎるキャラは、ゆるキャラと呼んでいいのか?

ただ、「ひこにゃん」や「くまモン」を「ゆるキャラ」と呼んでいいのか、個人的には疑問が残ります。

「ゆるキャラ」という言葉の発案者である

みうらじゅんさん

の定義には、

「緩い感じで考案された」

すなわち作り手側が素人ゆえの意識の低さ(=緩さ)がにじみ出ているという点もあったはずです。

「ひこにゃん」と「くまモン」は、確かに「ゆるさ」を前面に出したデザインです。

しかし、間違いなくデザイナーや役所、広告代理店などの関係者が連携して、緻密に考え抜いた末に出来たキャラでしょう。

言わば

「売れるべくして売れた」

キャラであり、真の「ゆるキャラ」と言うより「本気のキャラ」です。

日本各地に無数の「ゆるキャラ」が生まれていますが、知名度の高いキャラよりも無名のキャラの方が、厳密な意味での「ゆるさ」の純度は高いです。

 

ダメなゆるキャラには、共通点がある!

最近はコロナ関連のニュースで、知事や市長が取材に応じる際に、背後に各自治体の名前や標語などが書かれたボードが立てられています。

そこに各自治体のマスコットキャラクターが描かれていることがほとんどですが、質についてはかなりバラつきがあります。

中には

「このクオリティーで、よくトップの決裁が下りたな・・・。」

と思うような、ある意味

「ゆるキャラの王道」

を行くキャラもいます。

ありがちなパターンは、

「どう考えても立体化が困難なデザイン」

です。

イベントなどで着ぐるみが登場するのはよくあることですが、そうした可能性を全く考慮に入れなかったとしか思えない「ゆるキャラ」は結構います。

過去に人気ランキングで低迷したゆるキャラの多くは、二次元のイラストではまあまあ可愛いのですが、三次元の着ぐるみや人形になると

「ビミョーな感じ」

になってしまう点で共通しています。

 

スポンサードリンク

 

『ゆるキャラ』誕生の裏には、様々な『大人の論理』が潜んでいる!

我々部外者の素人から見れば、単に笑える話でしかありませんが、各自治体など作り手側にとっては、笑えない話です。

まず企画が持ち上がり、企画書が下から上へと回って行き、いくつもの決裁を受けます。

そして最終決裁を受けた後に、広告代理店などが加わって初めて話が本格化します。

デザインにしても、有名なデザイナーに依頼するかコンペ形式で幅広く募集するかなどして、絞り込みを進めていきます。

ここでもキャラクターの最終決定までには、色々な段階で稟議→決裁が繰り返されます。

キャラクターが決定すれば、当然PR活動も行われます。

「ゆるキャラ」一体の誕生の裏には、思い切り

「大人の事情」

「損得勘定」

が絡んだ公的業務及びビジネス行為が存在します。

 

公的機関の『ゆるキャラ』には『しくじりキャラ』が多い!

一般企業であれば、

「スベッちゃいました。てへ♪」

のような結果は許されません。

ところが、地方自治体や中央官庁などの「ゆるキャラ」は、ビジネス的な観点から見るとかなりの割合で

「しくじって」

います。

知名度は低く、各自治体などの訴えたいメッセージも全く広まりません。

そこそこの予算を注ぎ込んだのに、費用対効果がないに等しい事例もあります。

以前このブログで取り上げた、日本年金機構のマスコットキャラクター

「ねんきん太郎」

も、そうした「しくじりゆるキャラ」の典型例です。

 

関連記事

このブログをお読みの皆様にも、国民年金や厚生年金の掛金(保険料)を現在納付中の方、あるいは年金を受給なさっている方は多いはずです。勤め人の場合は毎月の給与から天引きされるので、納めているという実感が湧きにくいですが、収入に応じてそれ[…]

熊と並ぶ金太郎

 

ゆるキャラ企画の責任者たちが左遷されることはある?

一般企業であれば、プロジェクトの責任者が

「左遷される」

ということはよくあるでしょう。

どの業種・分野でも、大金を投じ多くの人員が長期間携わった事業が、見事に大コケした例が必ずあります。

本来なら、閑職に追いやられる人が多数出るものです。

しかし、役所のゆるキャラプロジェクトの「その後」については、ほとんど語られていません。

実務の責任者を始めとする中心メンバーたち、プロジェクトの音頭を取ったトップ以下幹部たちが、責任を取ったあるいは取らされたという話は、なかなか漏れ伝わって来ません。

お役所得意の

「忍法 責任逃れの術」

を駆使して、全てを煙に巻いてしまうのでしょうか・・・。

 

最後に・・・。

「ゆるキャラ」の生みの親、みうらじゅんさんが「ゆるキャラ」啓発活動を始めた当初は、各地の役所に連絡を取り趣旨を説明すると、

「うちのマスコットはゆるくありません!皆真剣に取り組んでるんです!」

と怒られ、ポスターやパンフレットなどの資料すら送ってもらえないという

「迫害(笑)」

を受けられたそうです。

しかし今なお実態は、作り手側の意識がまだまだ緩く、「ひこにゃん」や「くまモン」のような可愛さ・知名度・採算の三拍子揃った「ゆるキャラ」は、そう簡単に現れそうにありません・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク