都市伝説「猫肉バーガー」はいかがですか?

怪談・都市伝説 etc(夫)

2020年現在においては、都市伝説はマスメディアやインターネットによる、若干「人工的」なものが多く、広がり方(現代風に言えば拡散の仕方)も背後の力が見え隠れしていることがあります。

遡って、1970~1980年代前半、私が小学生だった頃は、身近にメディアやネットの影響などありませんでした。

そんな環境で、いくつかの都市伝説(悪く言えばデマ)が流布し、我々子供たちはそこはかとない不安を覚えたものです。

そんな話の一つに、「猫肉バーガー」の話があります。

ハンバーガーショップがまだ珍しかった頃・・・。

私が小学校二年生頃のことです。

今でこそ、日本中どこにでもハンバーガーショップはあります。

Mナルド、Lテリア、Mバーガーなど・・・。

しかし、その頃(1970年代末)はまだ、地方や郊外では珍しい存在でした。

私の住んでいた街でも、大手のハンバーガーショップが初めて出店した当時は、大いに話題になりました。

小学校の同級生の誰かが、そこで誕生日パーティーをしてもらったという話を聞いて、うらやましく思ったこともあります。

そんな中、小学校の児童たちの間で、ある噂が囁かれ始めました。

あの店のハンバーガーは猫肉が原材料?

「あそこの店のハンバーガー、実は猫肉使ってるらしいって。」

猫肉!?

小学校低学年でも、猫を食べる習慣など日本にはなく、ハンバーガーの肉に使ってはいけないことくらいは分かりました。

しかし、話には次々と尾ひれが付き始めました。

「知らない男の人が、近所の野良猫を連れて行っている。」

「友達の家の猫が行方不明になった。」

というものから、

「オレの兄ちゃんが、店の冷凍庫に死んだ猫がたくさん入れられてるのを見た。」

というものまで、様々でした。

個人的には、全く信じていないつもりでしたが、一時はその店の前を通りかかっても、いつものように

「ハンバーガーとシェイク、美味しそう。」

と思わず、ちょっと怖い気持ちで足早に通り過ぎていました。

しかし、この噂は長続きせず、一ヶ月するかしないかのうちに自然消滅してしまいました。

最後に・・・。

この「猫肉バーガー」の噂(デマ)の出所はどこなのか、もちろん分かりません。

今でも有名な「口裂け女」の話のように、全国的に広まった形跡もありません。

他の地域でも同様の噂が広まっていたのでしょうか・・・。

ちなみに、「口裂け女」の話が我が街に到来したのは、この噂が広まった翌年だったはずです。

元祖都市伝説「口裂け女」の噂をリアルタイムで体験しました。
皆様は、「口裂け女」の話をご存知でしょうか? 1978年(昭和53年)頃から、主に小学生の間で広まり始めた噂です。 翌1979年(昭和54年)には日本全国に拡大し、社会現象化しました。 今で言う「都市伝説」のハシリというべ...

令和のネット・SNS全盛時代に、今後どんな都市伝説が子供たちを恐怖のどん底にたたき落とすのでしょうか・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。