労働者の楽しみ「ボーナス」、イタリア語で何と言う?

サラリーマンやOLといった、いわゆる「勤め人」にとって、数少ない楽しみの一つが

「ボーナス」

です。

雇用形態によっては年に1回だったり、全く支給されないこともあります。

正社員の場合、年に2回、夏(6月)と冬(12月)に支給されるのが一般的です。

英語でも、bonus[bóʊnəs(米国英語)bˈəʊnəs(英国英語)](特別手当、賞与)という単語が存在します。

ところで、イタリア語では「ボーナス」のことを何と言うか、ご存知でしょうか?

 

スポンサードリンク

 

該当しそうな単語は二つ!

小学館 伊和中辞典及び和伊中辞典で調べてみると、二つ該当しそうな単語があります。

まず一つ目は

「indennità」

です。

この言葉の持つ意味の一つに

「諸手当、一時金」

があります。

和伊辞典の例文では

Abbiamo un’indennità annuale di 4 mesi di stipendio.
(年間4ヶ月分のボーナスが保証されている。)

[cf. annuale (年間の) mese (月) stipendio (給料)]

となっています(名詞は語尾変化します)。

ただ、伊和辞典では「住宅手当」、「出張費」、「勤続手当」、「退職一時金」などの特別な場合に文字通り「一時金」として支払うニュアンスが含まれています。

続いて二つ目は

「gratifica」

です。

伊和辞典では

「ボーナス、賞与、慰労金、特別手当」

となっており、日本での「ボーナス」とほぼ同じという感じです。

例文は

In questa ditta le gratifiche non sono favorevoli ai semplici dipendenti.
(この会社のボーナスは下に薄い。)

[cf. ditta (会社、企業) favorevole a ~ (~に好意的な、有利な)

semplice (平の、最も階級が低い)  dipendente (社員、従業員)]

(名詞の語尾変化あり)となっています。

私のような下々の人間には、何とも悲しい例文です・・・。

 

イタリアでは、日本にはない習慣が!

また、イタリアには日本とは異なる習慣があります。

クリスマス前に、月給の1ヶ月分が支払われるそうです。

このボーナスは

「tredicesima」(カタカナ表記するなら「トレディチェーズィマ」)

と呼ばれます。

実は

「tredicesimo」

という単語があり、

「13番目の」(形容詞)、「13分の1」(名詞)

という意味を持ちます。

月給は年に12回支給されますが、追加で13回目の月給が支給されるという意味です。

「la tredicesima」だけで、一般的に通じます。

会社によっては、夏にも

「quattordicesima」(カタカナ表記するなら「クァットルディチェーズィマ」)

というボーナスが支給されます。

「quattordicesimo」

は、「14番目」(形容詞)、「14分の1」(名詞)という意味です。

 

スポンサードリンク

 

最後に・・・。

国によって、ボーナスに対する考え方や支給方法はそれぞれ異なります。

2021年(令和3年)も、6月は

「夏のボーナス」

の時期となります。

皆様がなるべく多額のボーナスを受け取り、笑顔になってくださることを願います・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク